即日融資カードローンをランキング

 

即日融資するため知っておきたいこと

審査時間が短いカードローンを選ぶ

カードローンの即日融資を利用するために最大のポイントとなるのが、審査時間が短いカードローンを選ぶということです。

 

たとえば、審査時間が長く、結果連絡まで2日かかるカードローンの審査に申し込みしたとしましょう。

 

審査結果の連絡まで2日かかるということは、融資してもらえるのも審査に申し込みしてから最短2日後ということになります。

 

そのため、即日融資を利用するためには審査結果の連絡が少なくとも審査申し込み当日中にあるカードローンを選ぶことが大切です。

 

当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で取り上げている銀行系カードローン・消費者金融系カードローンはいずれも最短当日中に審査結果を連絡してくれますので、即日融資を希望する方には大変おすすめとなっています。

 

審査申し込み時に正しい情報を入力する

審査申し込み時に正しい情報を入力する

上記で説明していますように、即日融資を利用するためには審査時間が短いカードローンを選ぶことが重要になります。

 

しかしながら、審査時間を短くするための努力も必要でしょう。

 

そのひとつが、審査申し込み時に正しい情報を入力するということです。

 

カードローンの即日融資審査に申し込みする際には、ご自身の住所や連絡先、職場情報などを入力しなければなりません。

 

もし入力した情報に間違いがあると、カードローン業者は間違った情報にもとづいて審査を進めていくことになり、審査結果の連絡まで通常より長くかかってしまう可能性があります。

 

逆に正しい情報を入力すればカードローン業者の審査がスムーズに進み、より早く審査結果の連絡をもらえる可能性がありますので、審査申し込み時には正しい情報を入力するようにしてください。

 

審査に必要な書類を事前に用意しておく

審査に必要な書類を事前に用意しておく

カードローンの即日融資審査に申し込みする際には、本人確認書類と収入証明書類を提出することとなっています。

 

本人確認書類として提出できるのは運転免許証やパスポート、健康保険証などで、収入証明書類として提出できるのは源泉徴収票や給与明細、確定申告書などです。

 

運転免許証やパスポート、健康保険証などの本人確認書類については手元にあると思いますので、すぐに提出することができるでしょう。

 

一方、源泉徴収票や給与明細、確定申告書については手元にない場合があります。

 

特に源泉徴収票を再発行してもらうためには数日待たなければならない場合がほとんどであるため、手元になければ審査にかかる時間が長くなってしまい、即日融資を利用することができません。

 

カードローンの即日融資を利用するためにも、すべての書類が手元にあることを確認してから審査に申し込みしてください。

 

週初めの午前中に審査に申し込みする

週初めの午前中に審査に申し込みする

カードローンの即日融資を利用するためのひとつのポイントになるのが、週初めの午前中に審査に申し込みするということです。

 

週末を控えた金曜日の午後は、即日融資を求めて多くの方がカードローンの審査に申し込みすると言われています。

 

カードローンの審査に申し込みする人数が多ければ多いほど審査に時間がかかってしまいますし、場合によっては結果連絡がカードローンの翌営業日となってしまうこともあるでしょう。

 

そうなると、審査申し込み当日にカードローンの即日融資を利用することはできません。

 

一方、週初めの午前中にカードローンの審査に申し込みする人は比較的少ないと言われていますので、審査はスムーズに進み、即日融資できる可能性が高くなります。

 

週末にお金が必要な方もそうでない方も、カードローンを利用するなら週初めの午前中に即日融資審査に申し込みすることをおすすめします。

 

即日融資にインターネットもしくは提携ATMを利用する

即日融資にインターネットもしくは提携ATMを利用する

カードローンの審査をクリアしたら、いよいよ即日融資を利用することになるのですが、即日融資にはぜひインターネットもしくは提携ATMを利用してください。

 

以下、インターネットと提携ATMでの即日融資についてまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

インターネットでの即日融資

カードローンの審査にインターネットで申し込みした場合、即日融資を利用するにはインターネットを活用してください。

 

なぜなら、インターネットでカードローンの審査に申し込みすると、手元にキャッシュカードが届くまで時間がかかってしまうためです。

 

インターネットに接続できるパソコンやスマートフォンなどでカードローンの会員ページにアクセスし、指定の金融口座に振り込みしてもらうよう手続きすれば、その金融機関のキャッシングカードで現金を引き出すことができます。

 

ただし、各金融機関は振り込みできる時間帯に制限を設けており、多くの金融機関は平日14時〜15時を即日振り込みの締め切り時間としていますので、カードローンの即日融資を利用するためにはその時間帯までに手続きを完了させるようにしてください。

 

提携ATMでの即日融資

多くのカードローン業者は大手・地方銀行のATMはもちろん、コンビニATMとも提携しています。

 

カードローンのキャッシュカードが届いたら、ぜひコンビニATMを即日融資に利用してください。

 

コンビニATMならお近くのコンビニでカードローンの即日融資を365日24時間利用することができますので、必要な時にすぐにお金を借りることができます。

 

一方、金融機関の提携ATMは24時間利用することができないため、カードローンの即日融資を利用するのでしたらコンビニATMが大変おすすめです。

 

カードローンを選ぶ際の注意点とは

カードローンを選ぶ際に即日融資対応かどうかを確認することも大切ですが、その他にもチェックしておきたい項目がいくつかあります。

 

以下でカードローンを選ぶ際に必ずチェックしておきたいことをピックアップしていますので、ぜひチェックしてください。

 

低金利のカードローンを選ぶ

低金利のカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ際に必ず確認したいのが、金利です。

 

金利は毎月の利息金額を決める重要な指標であり、金利が引くければ低いほど毎月の利息支払い負担を軽くすることができますし、逆に金利が高ければ高いほど毎月の利息支払い負担が大きくなってしまいます。

 

つまり、低金利のカードローンを選ぶことで返済総額を抑えることが可能になるというわけです。

 

ちなみに、当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」では銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを取り上げていますが、一般的により金利が低いのは銀行系カードローンのほうになります。

 

最大融資額が高いカードローンを選ぶ

最大融資額が高いカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ際には、最大融資額にも目を向けてください。

 

最大融資額が高ければ高いほど幅広い目的で即日融資を利用することができますので、より安心です。

 

ただ、初回契約時に最大融資額で契約できる可能性はほとんどなく、即日融資を継続的に利用し続けていくことで最大融資額を引き上げてもらうことができます。

 

なお、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンを比較した場合、最大融資額の高さは銀行系カードローン、消費者金融系カードローンともにほぼ変わりません。

 

ただし、銀行系カードローンの審査は消費者金融系カードローンの審査より難易度が高いと言われていますので、まずは銀行系カードローンの審査を受け、落ちてしまったら消費者金融系カードローンの審査に申し込みする、もしくはこれまで借り入れがある方などは消費者金融系カードローンに申し込んだほうが良いかもしれません。

 

コンビニATMと提携しているカードローンを選ぶ

コンビニATMと提携しているカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ際には、コンビニATMと提携しているかどうかを確認することをおすすめします。

 

コンビニATMと提携しているカードローンであれば、お住いの近くのコンビニATMで即日融資を利用することができますし、外出先の近くにあるコンビニATMでも即日融資を利用することができますので、いざという時でも安心です。

 

せめてセブンイレブンに設置されているセブン銀行ATM、ローソンに設置されているローソンATM、ファミリーマートなどのコンビニに設置されているE-netに対応しているかどうかは確認しておいたほうが良いでしょう。

 

なお、当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で紹介しているすべての銀行系カードローン・消費者金融系カードローンはコンビニATMでの即日融資にも対応しています。

 

サービスが豊富なカードローンを選ぶ

サービスが豊富なカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ際にぜひチェックしていただきたいことのひとつが、サービスが豊富に用意されているかどうかということです。

 

たとえば、消費者金融系カードローンの中には初めて即日融資を利用する方に限り、一定の条件を満たしていれば一定期間無利息・無金利で即日融資できるサービスを提供しているところもあります。

 

また、銀行系カードローンの中には他のローン商品と一緒に利用することにより、銀行系カードローンの金利をさらに引き下げるサービスを展開しているところもありますので、より有利な条件で即日融資を利用することができるでしょう。

 

また、メールで返済日をお知らせしてくれるサービスなど、各カードローン業者によって提供されているサービスには違いがあるため、必ず比較してから即日融資審査に申し込みしてください。

 

サポート体制が完備されているカードローンを選ぶ

サポート体制が完備されているカードローンを選ぶ

サポート体制が完備されているカードローンを選ぶことも大切です。

 

カードローンのキャッシュカードを紛失してしまったら悪用されてしまう恐れがありますが、サポート体制が完備されているカードローンであればすぐに相談することができます。

 

また、その他にもいろいろとアドバイスしてもらえると思いますので、困った時には助けてもらえるでしょう。

 

もちろん、当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で取り上げている銀行系カードローン・消費者金融系カードローンはすべてサポート体制を完備しているため、どなたでも安心して即日融資に利用することができます。

 

審査時間が短いカードローンを選ぶ

審査時間が短いカードローンを選ぶ

カードローンを選ぶ際には、ぜひ各カードローンの審査時間も比較してみてください。

 

審査時間が短いほど即日融資できる可能性が高いのは前述したとおりです。

 

それだけでなく、審査時間が短ければ審査結果を長い時間気にし続ける必要がありませんので、ストレスなく契約手続きまで進むことができるでしょう。

 

ちなみに、当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で取り上げているすべての銀行系カードローン・消費者金融系カードローンの審査時間は最短30分から当日中となっていますが、世間には審査の結果連絡まで数日かかるカードローンもあるため、早く結果を知りたい方にも当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で紹介しているカードローンは大変おすすめです。

 

信頼性が高いカードローンを選ぶ

信頼性が高いカードローンを選ぶ

どこの誰かもわからないようなカードローンを選んではなりません。

 

やはり信頼性が高く、安心して利用できるカードローンを選ぶことが重要になるでしょう。

 

すぐにお金を借りることができるからという理由だけでカードローンを選んでしまうと、知らず知らずのうちに闇金の即日融資を利用することになってしまうかもしれません。

 

闇金の金利は非常に高く、利息負担が大きくなってしまいがちですので、十分ご注意ください。

 

なお、当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」で紹介している銀行系カードローン・消費者金融系カードローンはいずれも信頼できる金融業者が運営しているため、どなたでも安心して即日融資に利用することができます。

 

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いとは?

当サイト「即日融資に困ったらココ!お急ぎ専用カードローン」ではカードローンの基礎知識をはじめ、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンについても紹介していますが、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンにはどのような違いがあるのかご存知でしょうか?

 

以下で銀行系の即日融資カードローン消費者金融系の即日融資カードローンの違いを説明したいと思いますので、ぜひチェックしてください。

 

金利の違い

金利の違い

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いのひとつとして挙げられるのが、金利です。

 

金利が低いカードローンほど利息の支払い負担を軽減できるということはすでにご存じかと思いますが、銀行系カードローンの金利と消費者金融系カードローンの金利を比較すると、銀行系カードローンのほうが低金利となっています。

 

つまり、利息を含めた返済総額を抑えることができるのは銀行系カードローンのほうとなっていますので、より有利な条件で即日融資を利用したいのであれば銀行系カードローンの利用がおすすめです。

 

最大融資額の違い

最大融資額の違い

>銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンを比較すると、最大融資額にもやや違いがあります。

 

ただし、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンのどちらが最大融資額が大きいかは消費者金融系か銀行系かという違いではなくカードローンの種類によります

 

実際に最初から最大限度額を貸してくれることはまずありませんので、最大融資額の金額の違いについては、それほど気にする必要はないでしょう。

 

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンどちらを選べば良いの?

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンどちらを選べば良いの?

上記で説明していますように、消費者金融系カードローンと比較して、銀行系カードローンには金利が低いというメリットがあります。

 

そのため、銀行系カードローンを選べばより有利な条件で即日融資を利用することができる可能性があるでしょう。

 

しかしながら、消費者金融系カードローンと比較して銀行系カードローンには即日融資審査の難易度が高いというデメリットがありますので、すべての方が銀行系カードローンの即日融資を利用できるというわけではありません。

 

年収や他社借り入れ状況、勤続年数などご自身の与信状況を鑑みて、銀行系カードローンの即日融資審査に申し込むか、消費者金融系カードローンの即日融資審査に申し込むかじっくりと考えてみましょう。

即日融資 総合ランキング

当サイト申し込み数TOP2!おすすめ即日融資カードローン

当サイトでは、審査が早く、当日中に融資可能なカードローンを厳選して紹介しています。

 

どのカードローンも低金利で安心できる大手ばかりです。

 

自分の現在の状況にあったカードローンを選んで、上手に即日融資を活用しましょう。

 

 

プロミス

  • WEB契約に限り、即日融資も可能です。30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)や女性専用ダイヤル、三井住友VISAプリペイドへの無料チャージサービスなどサービス面も充実。カードレスで申し込めば、家族にばれる心配もいらず安心です。※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます
  • 会員向けのお得なサービス「おとくらぶ」は登録料・年会費無料で国内外のホテル、レジャー、グルメなどで優待サービスが受けられると評判です。※詳しくは公式サイトをご覧ください

実質年率

融資限度額

審査時間

4.5〜17.8% 500万円 最短30分

公式サイト

公式サイト

詳細

 

アイフル

アイフルで即日融資

  • 来店不要でネットで契約、カードの受け取りも内緒で可能。アイフルが初めての方なら30日間利息0円サービスあり!さらに最短1時間でのスピード融資。
  • 女性専用フリーダイヤルも評判!コンビニや提携ATMなど様々に選べる返済方法で計画的に利用できます。

実質年率

融資限度額

審査時間

4.5〜18.0% 500万円 最短30分

公式サイト

詳細

 

まだある!おすすめ即日融資カードローン

30日間無利息でプロミスに負けない人気を誇るアコムや知名度抜群で安心のレイクなど、ハイスペックのカードローンぞろいです。

 

 

モビット

  • 来店不要で電話連絡・郵送なしすべての手続きがネット上で可能。※即日融資を受けるには14:50までに振り込み手続きを完了の必要&審査結果により不可の場合もあります。

実質年率

融資限度額

審査時間

3.0〜18.0% 800万円 -

公式サイト

詳細

 

アコム

  • 審査当日の即日融資は、ネットもしくは電話で利用できます。アコムなら最短一時間で融資可能だから、急ぎでお金を借りたい時の強い味方です。

実質年率

融資限度額

審査時間

3.0〜18.0% 800万円 最短30分

公式サイト

詳細

 

イオン銀行 イオンアシストプラン

イオン銀行 おまとめローン(イオンアシストプラン)

  • 来店不要でインターネットで簡単に申込みOK。低金利で使途自由なので使い勝手の良い銀行系カードローンです。

実質年率

融資限度額

審査時間

3.8〜13.5% 30〜700万円 -

公式サイト

詳細

 

新生銀行カードローン レイク

  • 契約後に本人名義の金融機関口座を登録するだけで、即日融資を利用可能です。ただし、即日融資は平日14時までに申込と必要書類の確認が完了した場合に可能となります。

実質年率

融資限度額

審査時間

4.5〜18.0% 500万円 申込完了画面に表示

公式サイト

詳細

コラム:カードローン、実際の利用法と即日融資までの流れ

はじめて即日融資を受けようという方のために、カードローンにおける即日融資までの流れを説明すると以下のようになります。

 

  1. まずは融資申し込み
  2.  

    店頭、提携するATM、もしくはインターネットなどから行うことができます。
    ネットなら審査が圧倒的に早いですし、店舗に出向いたり、誰かに合う必要もないのでネット申し込みがおすすめです。

     

  3. 次に必要書類を揃えます
  4.  

    融資を受ける際には、身分証明の書類が必要です。
    収入を証明できる書類は融資枠によって必要かどうかが分かれますから、⇒収入証明書不要の即日融資頁を参考にしてください。
    50万円以下の借入なら、収入証明書不要の会社がほとんどです。

     

    専業主婦の方は、融資限度額が異なりますので、⇒専業主婦の即日融資頁をご覧ください。
    身分証明書としては運転免許証、旅券(パスポート)、保険証、住民基本台帳カード等が一般的に用いられます。
    また、収入証明書類は、源泉徴収票、納税証明書、確定申告の書類などになります。

     

    以前は申し込み時に提示することがほとんどでしたが、最近はネット申し込みの場合、ローンカードが到着後に郵送すればOKという会社もあります。
    ※必要書類は金融機関各社で異なりますので、融資を受ける際には公式ホームページで確認しましょう

     

  5. 書類が揃うと本審査、融資実行
  6.  

    企業によっては勤務先に電話が行く在確があることもあります。
    審査が終わって与信枠(収支限度額)が正式に設定されると現金を借り入れして引き出すことができるようになります。

     

    ローンカードの発行は融資と同時になることもありますが、カード発行前に即日融資してくれるカードローンも多く、融資の前後にカードを送付してくれる会社あります。

     

    当サイトで紹介のカードローンはどこも即日融資可能ですが、属性や状況によって、審査にはやや時間がかかりますので、できるだけ時間に余裕を持って申込みをするようにしましょう。

カードローンで当日融資を受けるならこのキャッシング!

当サイトでは、即日融資も可能なサービスを厳選して紹介しています。

 

審査が早く、即日融資を受けられるローンは、金利も高く、いわゆる闇金的なブラック業者だったりすることが多いですが、この頁に掲載のカードローンは低金利で信頼できる安全な大手のカードローンばかりです。

 

お急ぎの際こそ焦らずに安心できるカードローンで借りることが、本当に大切です。

 

審査時間が早くて即日融資の信頼できるカードローンの中でも、特におすすめのカードローンを紹介させていただきますので、安心してご利用くださいね。

 

↓↓スピード審査と無利息で選ぶなら↓↓

プロミスに申し込み

即日融資に困ったらココ! 目次